男性と女性

足の指が変形しているのは外反母趾かも|色々対策して改善しよう

足の親指が変形している

脚

整形外科で治療を受ける

外反母趾は、足の親指が小指側に変形をしている状態のことで、サイズに合わない靴を着用していたり、長時間の立ち仕事や姿勢の悪さが原因で起こりやすくなります。足の親指が変形していると容姿の面でも悪影響がありますが、放置をしておくと、首の痛みや腰痛、膝痛の原因になったり、身体機能や歩行機能が低下して、つまずきやすくなります。整形外科ではレントゲンなどで精密検査を受けられますし、軽い程度であれば、マッサージの施術を行ったり、内服薬による治療が中心になります。足の変形がひどく、日常生活に支障をきたしている場合は、手術が必要になる可能性があります。外反母趾の手術はきちんと麻酔を行うので、施術中は痛みはほとんど感じません。

整体の施術を受けてみよう

軽い程度の外反母趾の場合は、手術は必要ない場合が多いので、内服薬を根気よく続ける必要があります。整形外科に通院をしているけれど、なかなか良くならないと感じている場合は、整体の治療院に足を運んでみるのも良いでしょう。一人一人症状が違ってくるので、カウンセリングや診察を受けてから、体の歪みや骨格の歪みを改善するためのソフトな施術が受けられます。外反母趾は放置をしておくと、背骨や骨格の歪みの原因になってしまい、体の不調の原因になってしまうので、早めに治療を受ける必要があります。なりやすい職業の人は、ファッションモデルや日本舞踊などをしており、長時間足袋を着用している人も注意が必要です。適切な治療を受けることで、改善しやすくなります。

保証期間が長いマットレス

ベッド

高反発マットレスで腰痛改善や熟睡の効果を得られない人たちがいます。これは、短期で効果を判断してしまったり体圧分散力が自分に合っていなかったりということが考えられます。モットンは3種類の体圧分散力と90日もの返金保証期間を設けて、それらに対応しています。

詳細へ